キリスト教

東西教会トップ初会談…ISからの迫害阻止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ福島良典、モスクワ杉尾直哉】キリスト教カトリック教会の頂点に立つフランシスコ・ローマ法王(79)と、ロシア正教会最高位のキリル・モスクワ総主教(69)が12日、キューバの首都ハバナの空港で約2時間会談した。両教会トップの会談は史上初。両者は共同宣言に署名し、過激派組織「イスラム国」(IS)によるキリスト教徒迫害に危機感を表明するとともに、中東からのキリスト教徒「追放」と「新たな世界戦争」を阻止するよう国際社会に要請した。

 カトリックと東方正教会は1054年に分裂した。各国の東方正教会の中で、ロシア正教会は1億人以上の信徒を擁する最大組織。法王と総主教は初会談で、和解と協力に向けての歴史的な一歩を踏み出した。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1136文字)

あわせて読みたい

注目の特集