メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「ヤクザと憲法」裏社会追う異色作

映画に込めた思いを語る阿武野勝彦プロデューサー(左)と土方宏史監督=大阪市で、花澤茂人撮影

 大阪を舞台に、指定暴力団に密着したドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」が13日午後、第七芸術劇場(大阪市淀川区)で公開される。裏社会に居場所を求める人たちの素顔に正面から迫った異色作。既に上映中の東京などでは、ほぼ連日満席の盛況ぶりだ。

 東海テレビが製作。今年度の毎日映画コンクール(ドキュメンタリー部門)にもノミネートされた。

 「ヤクザは追い詰められている」。愛知県警で事件担当記者だった土方(ひじかた)宏史監督(40)は、数年前に捜査員からそんな話を聞いた。「実は社会の底辺にいるのかもしれない。もしそうなら多くの人が現状を知るべきだと思った」

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです