メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暖冬

ヤマアカガエルの卵がふ化 過去最速

卵塊から、ふ化して泳ぐ体長1.5センチほどのオタマジャクシ=熊野市紀和町丸山で

 三重県熊野市紀和町丸山の国内最大級の棚田「丸山千枚田」(7.2ヘクタール、1340枚)に設けた水生生物観察用ビオトープで12日、ヤマアカガエルとみられる卵がふ化しているのが見つかった。卵塊には卵が1000個以上あり、体長1.5センチほどの黒いオタマジャクシが元気よく泳いでいる。所有者の農業、北富士…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです