宮崎議員辞職へ

4月に京都3区補選 「想定外」の難題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不倫疑惑報道を受け、記者会見で頭を下げる自民党の宮崎謙介衆院議員=衆院第2議員会館で2016年2月12日午前11時47分、小川昌宏撮影
不倫疑惑報道を受け、記者会見で頭を下げる自民党の宮崎謙介衆院議員=衆院第2議員会館で2016年2月12日午前11時47分、小川昌宏撮影

 自民党の宮崎謙介衆院議員(35)は12日、女性タレントとの不倫問題で大島理森衆院議長に議員辞職願を提出した。16日の本会議で許可される見通しで、4月24日に衆院京都3区補選が行われる。自民党は、夏の参院選に弾みをつけるため、すでに決まっている北海道5区補選の準備を本格化しているが、「想定外」(同党幹部)のダブル補選という難題を抱え込んだ。

 宮崎氏が所属する自民党二階派の二階俊博総務会長や伊吹文明元衆院議長は「議員辞職の必要はない」とかばってきたが、宮崎氏は妻である同党の金子恵美衆院議員(37)から「政治家としてけじめをつけなさい」と言われ、辞職の意思を固めたという。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文830文字)

あわせて読みたい

注目の特集