メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界金融混乱

G20有効策打てるか 消費増税への影響は

 世界の金融市場の混乱が続いている。12日の東京株式市場で日経平均株価は約1年4カ月ぶりに終値で1万5000円を割り込み、外国為替市場では一時、1ドル=111円台まで円高が進行。同日昼には安倍晋三首相と日銀の黒田東彦総裁が会談し、市場動向を注視していくことを確認したが、混乱の背景には海外経済の先行き不透明感があり、政府・日銀に打つ手は限られている。今月26、27日に開催される主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で有効策を打ち出せるかが焦点となってきた。

 「かなり荒い値動きが見られているが、必要に応じて適切に対応していく」。麻生太郎財務相は12日朝の閣議後記者会見で、円売り・ドル買いの為替介入を連想させる「口先介入」で市場をけん制した。前日の欧米の外国為替市場で、円相場が一時1ドル=110円台に急伸した直後に2円程度、円安に戻す場面があり、市場で「日本が円高是正を狙って介入した」との観測が広がった。麻生氏はこれには言及せず、市場動向を注視する姿勢…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです