メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鴻海戦略

シャープ技術で有機EL アップル向け

 経営再建中のシャープに買収を提案している台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の買収後の世界戦略の概要が12日分かった。2018年に米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)、アイフォーン向けに次世代の有機ELパネルの納入を目指すほか、中国の電子商取引最大手、アリババグループを介してシャープ製品の新たな販路を開拓し、事業を一挙に拡大する。シャープのブランドや最先端の液晶製造技術を活用し、スマホなどの受託製造専門の黒衣役からの脱却を図る。

 関係者によると、鴻海は2018年から有機ELパネルを量産し、米アップルに納入する方向で水面下で調整を進めてきた。当初は鴻海グループだけで巨額投資を行う計画だったが、資金をシャープの買収と成長投資に振り向ける。パネルのノウハウが乏しい鴻海は自社単独より、技術で先行するシャープを活用した方が実現性が高いと判断した。まずは500億円規模を投じて試作ラインを整備し、将来は数千億円を投資する方向。シャープ…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  2. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです