メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長男暴行死

41歳父に懲役7年6月 大阪地裁

 大阪市住吉区の自宅で2014年1月、生後3カ月の長男を強く揺さぶって死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた父親の無職、川崎仁被告(41)の裁判員裁判の判決が12日、大阪地裁であった。浅香竜太裁判長は日常的な虐待は否定した上で複数回の暴行があったことを認め、懲役7年6月(求刑・懲役10年)の実刑を言い渡した。

 判決で、浅香裁判長は「長男を野球のバット代わりにしてボールを打つなどの不適切な養育態度を改めなかった。非常に危険な暴行で、強い非難に値する」と述べた。一方、日常的な虐待については初公判で検察側証人としてビデオリンクで出廷した長女(11)も証言したが、浅香裁判長は「長女は当時9歳で、記憶が変わっている可能性がある」などと認めなかった。

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 小池都知事「不要不急の他県への移動は控えて」 3日連続で感染者100人超

  4. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです