北朝鮮ミサイル

日本の独自制裁撤回求める 朝鮮総連

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で日本の制裁強化を批判する朝鮮総連の南昇祐・副議長=東京都千代田区の朝鮮総連本部で2016年2月12日午後3時18分、堀智行撮影
記者会見で日本の制裁強化を批判する朝鮮総連の南昇祐・副議長=東京都千代田区の朝鮮総連本部で2016年2月12日午後3時18分、堀智行撮影

 北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、政府が独自制裁を決めたことについて、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の南昇祐(ナム・スンウ)副議長は12日、東京都内で記者会見し、2014年に北朝鮮が拉致被害者らの再調査を約束した日朝政府間のストックホルム合意を一方的に破棄する行為だとして、制裁撤回を求めた。

 南副議長は「衛星打ち上げは主権国家に認められた自主的権利だ」と主張。そのうえで「(北朝鮮側が)合意に従って再調査を終えようとしている時期に、日本側が制裁を復活させ強化することは約束違反」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集