拉致調査中止

被害者家族、引き続き交渉切望

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮が拉致問題を含む日本人の調査を全面的に中止し、特別調査委員会の解体を表明した。拉致被害者の家族からは北朝鮮への憤りとともに、引き続き日本政府が粘り強く交渉していくことを切望する声が聞かれた。

 横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父滋さん(83)は「ストックホルム合意が成立してからかなり待ったが、北朝鮮から回答はなかった。その後、核実験、事実上の長距離弾道ミサイルの…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

注目の特集