メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

2・26事件とはの巻

失敗に終わったクーデター未遂 青年将校らは何を夢見た?

[PR]

2月26日は「2・26事件」が起きた日です。80年前のこの日、1936年2月26日、陸軍の現役青年将校らが1400人の兵士を率いて首相官邸などを襲撃し、永田町一帯を占拠した事件です。 クーデター未遂事件ですね。高橋是清蔵相、斎藤実内大臣らが殺害されました。 では、官邸を襲撃された首相は無事だったのでしょうか?
岡田啓介首相は隠れていて無事でしたが、義弟の松尾伝蔵陸軍予備役大佐が射殺されました。 一体、青年将校らがクーデターを起こした目的は何だったのでしょうか。 当時の日本は、中国へ進出する一方、国際連盟から脱退し、貧富の格差が拡大するなどの問題を抱えていました。陸軍の中で急進的な若手将校らが「昭和維新」を掲げ、国家革新を目指して決起しました。首謀者は安藤輝三大尉、栗原安秀中尉、磯辺浅一元主計、村中孝次元大尉らです。 彼らは天皇親政を目的とする「皇道派」でしたが、昭和天皇は「最も信頼する老臣を殺傷することは真綿にて我が首を絞めるに等しい行為」と激怒し、鎮圧を命じました。
では、事件はすぐに鎮圧されたのでしょうか。 2月26日、反乱軍は首相官邸などを占拠しました。反乱軍が占拠した主な地域は、陸軍省、参謀本部、国会議事堂周辺などです。 昭和天皇が鎮圧方針を強く打ち出し2月27日、東京には厳戒令が敷かれました。29日、戒厳司令部は約2万4000の兵で反乱軍を包囲鎮圧しました。 結局、青年将校らは自殺した1人を除いて逮捕され、計19人が処刑されました。 この事件の影響はどのようなものだったのでしょう。「皇道派」は壊滅し、陸軍の主導権を争っていた「統制派」の力が強まりました。
軍部の支配が強まり、「陸海軍大臣は現役の軍人でなければならない」という「軍部大臣現役武官制」が復活しました。 岡田内閣は総辞職し、広田弘毅内閣が発足しましたが、軍の影響力が拡大し政治に介入するようになります。 そして独裁的な戦時体制が敷かれます。やがて登場する東条英機(1884~1948年)内閣の時代、太平洋戦争に突入して行くことになるのです。東条は1940年から陸相、41~44年に首相を務めました。 事件当日の2月26日は、朝まで雪が降っていたそうです。 さて、これからの日本は大丈夫なのでしょうか…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです