メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捜索模擬訓練

タグとスマホで捜索実験 見守り対象者ら110人参加 小倉南・守恒校区 /福岡

 小さな発信器(タグ)とスマートフォンなどを使った行方不明者の捜索模擬訓練が13日、小倉南区の守恒校区であった。3月末まで校区内の住民にタグを無料で貸し出し、見守り実験を続ける。【祝部幹雄】

 微弱な電波を出すタグを持ったお年寄りが、専用アプリを入れた携帯を持つ人とすれ違ったり、校区内25カ所に置いたセンサーの近くを通ったりすると、移動経路の情報が見守り役の人のスマホに届くシステム。

 この日は校区の住民や、システムに興味を持つ市内の人たち約110人が参加。「行方不明者役」は全地球測…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです