メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権保護

対日「戦時加算」撤廃 豪、TPP発効後

 小説や音楽などの著作権保護期間を第二次世界大戦の敗戦国である日本だけ約10年間上乗せする「戦時加算」について、オーストラリア政府が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効後に撤廃する方針を日本政府へ伝えていたことが分かった。TPP参加国のうち、日本に戦時加算を課している豪州、米国、カナダ、ニュージーランド(NZ)の4カ国のうち、政府が撤廃方針を明確に示したのは豪州が初めて。

 NZで4日にTPP署名式が開かれた際、豪州側が戦時加算について「TPP協定が効力を生ずる日以後、権利を行使しないことを決めた」とする内容の文書を日本側に渡した。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです