露と欧米

非難の応酬 シリア和平巡り、相互不信根強く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ベルリン中西啓介】ドイツ南部ミュンヘンで開かれている国際シンポジウム「ミュンヘン安全保障会議」で13日、シリア和平やウクライナ問題を巡り、ロシアと欧米諸国が非難合戦を繰り広げた。メドベージェフ露首相は「我々は新たな冷戦に陥っている」と発言。一方、欧米側も「露軍はシリアで市民を空爆している」と主張し、根深い相互不信を印象付けた。

 米露や国連など17カ国3機構でつくるシリア支援国会合は11日の外相会議で、1週間でシリア停戦を実施することで合意している。バルス仏首相は停戦実現のため、「シリア国民が犠牲になっている露軍の空爆をやめるべきだ」とメドベージェフ氏に要求した。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文677文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集