ダイオウグソクムシ

脱皮、国内で初確認 鳥羽水族館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は13日、飼育中の深海生物「ダイオウグソクムシ」の脱皮を国内で初めて確認したと発表した。同館は「世界でも例があるか分からない」としており、謎の生態を知る上で貴重な手掛かりとなりそうだ。

 脱皮したのは、メキシコ湾で採取された雄の「No.5」(体長約25センチ、体重約1.2キ…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集