メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米露

シリア停戦へ協力 反体制派空爆、認識に溝 首脳電話協議

 【ワシントン和田浩明】米ホワイトハウスは14日、オバマ大統領とロシアのプーチン大統領が13日に電話協議したと発表した。オバマ氏は露軍による穏健な反体制派の空爆をやめるよう求めたが、プーチン氏の答えは明らかにされず、両首脳はシリア支援国会合に関し連絡を取り合うことで一致するにとどまった模様だ。

 米露や国連など17カ国3機構で作るシリア支援国会合は11日、外相会議を開き、1週間後の停戦を目指す事で合意した。ジュネーブでのアサド政権と反体制派の和平協議を再開するためだ。

 しかし、プーチン氏が穏健な反体制派の空爆中止で米側に言質を与えなかったとみられることは、停戦を目標…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文590文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです