メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
対シリア

米露首脳が電話協議

 【ワシントン和田浩明】米ホワイトハウスは14日、オバマ大統領とロシアのプーチン大統領が13日に電話協議したと発表した。オバマ氏は露軍による穏健な反体制派の空爆をやめるよう求めたが、プーチン氏の答えは明らかにされず、両首脳はシリア支援国会合に関し連絡を取り合うことで一致するにとどまった模様だ。

 米露や国連など17カ国3機構で作るシリア支援国会合は11日、外相会議を開き、1週間後の停戦を目指す事で合意した。ジュネーブでのアサド政権と反体制派の和平協議を再開するためだ。

 しかし、プーチン氏が穏健な反体制派の空爆中止で米側に言質を与えなかったとみられることは、停戦を目標…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文792文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  4. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです