対シリア

米露首脳が電話協議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】米ホワイトハウスは14日、オバマ大統領とロシアのプーチン大統領が13日に電話協議したと発表した。オバマ氏は露軍による穏健な反体制派の空爆をやめるよう求めたが、プーチン氏の答えは明らかにされず、両首脳はシリア支援国会合に関し連絡を取り合うことで一致するにとどまった模様だ。

 米露や国連など17カ国3機構で作るシリア支援国会合は11日、外相会議を開き、1週間後の停戦を目指す事で合意した。ジュネーブでのアサド政権と反体制派の和平協議を再開するためだ。

 しかし、プーチン氏が穏健な反体制派の空爆中止で米側に言質を与えなかったとみられることは、停戦を目標通りに実現することの難しさが改めて裏打ちされた形だ。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文792文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集