メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年 「水戸ご当地アイドル(仮)」メンバー、ゆりりんさん(15) /茨城

「歌やダンスを通じて街を元気にしたい」と語るゆりりんさん=水戸市で

街を少しでも元気に

 震災の時は小学4年生で、通っていた小学校にいました。席のすぐ近くにあった本棚から本が落ちてきて、とても怖かったことを覚えています。家族と体育館に3日間避難しました。電灯がなく、心細かったのですが、持っていた携帯音楽プレーヤーで聞いたAKB48の曲が心の支えになりました。音楽の力を実感した気がします。

 震災後、いろいろなアイドルや歌手が被災地を訪れライブを重ねているのをテレビで見ました。「歌やダンス…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです