メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

角川俳句・短歌賞=酒井佐忠

 新年恒例の角川俳句・同短歌賞の贈呈式があった。今回は61回目。過去に多くの著名作家を生み出し、作品50句、50首を対象とした実力を問う新人賞だ。角川俳句賞は遠藤由樹子さんの「単純なひかり」、同短歌賞は鈴木加成太さんの「革靴とスニーカー」。遠藤さんは「未来図」会員の58歳、鈴木さんは大阪大4年生で阪大短歌会で活躍中。年齢の差は、俳句と短歌の詩型の違いもある。だが、新鮮な感覚と開放的な表現では共通している。

 <単純なひかりがここに草若し><初雪を鳥の気持ちで歩みけり><海鳥のはじかれて飛ぶ夏怒濤>。どの句…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文573文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです