マイナス金利

16日スタート…さて何が、家計への副作用

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日銀の当座預金にかかる金利の仕組み
日銀の当座預金にかかる金利の仕組み

 日銀のマイナス金利政策が16日、スタートする。金融機関が日銀に預ける当座預金の一部の金利をマイナス0.1%とすることで、「お金を預ければ損をする」状態を作る異例の政策。2015年10〜12月期の国内総生産(GDP)成長率がマイナスに転じ、アベノミクスに黄信号が点滅する中、お金の流れが投資や消費に向かうか注目される。一方、金融機関の収益の悪化や預金金利の低下など企業や家計への副作用も懸念される。

 マイナス金利の対象は、金融機関が日銀に預ける当座預金のうち、積み立てが義務づけられている額を超える「超過準備預金」。当座預金のすべてにマイナス金利を適用すると、金融機関の収益に与える影響が大きいため、これまでの残高については現行の金利0.1%を維持する。これから増加する残高のうち、一定割合はゼロ金利とし、マイナス金利の対象は10兆〜30兆円程度に抑える考えだ。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文922文字)

あわせて読みたい

ニュース特集