メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆資料館

被爆橋柱を破損…展示替え作業中

 長崎市は15日、原爆資料館(同市平野町)に展示している被爆橋柱(きょうちゅう)が、資料館内での展示替えの作業中に折れたと発表した。

 市によると、折れたのは爆心地から約40メートルの川にかかっていた「さかい橋」の石柱(高さ95センチ、推定重量210キロ)。被爆によって先頭部が溶けてひび割れており、熱…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです