メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

ナックルで大リーグ挑戦 慶大生の佐野川投手

 打者の手前で不規則に変化して「魔球」とも呼ばれるナックルボール。習得が難しく、日本球界では使いこなす投手は少ないが、社会人野球のクラブチーム、ウィーンベースボールクラブ(神奈川県鎌倉市)の投手で慶応大4年、佐野川リョウ(本名・怜)さん(22)は、約10年間磨き上げたこの変化球を武器に将来はプロ野球選手を目指す。米国でプレーするチャンスを求め、現在はアリゾナ州で開かれている合同トライアウトに参加している。【大村健一/デジタル報道センター】

 佐野川さんが試合で投げる球はほぼすべて、山なりのナックルボールだ。「どんな相手にも、ど真ん中に向かって無回転で投げることだけを考えている。球速105キロの球で打者を打ち取った瞬間は本当に楽しい」

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです