侍ジャパン

3月の台湾戦メンバー26人発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野球の日本代表「侍ジャパン」は15日、3月に行う台湾代表との強化試合(5日=ナゴヤドーム、6日=京セラドーム大阪)に出場するメンバー26人を発表した。菅野(巨人)、中田(日本ハム)らが昨秋の国際大会「プレミア12」に続いて代表入りした。球団別の最多はヤクルトの5人。秋吉(ヤクルト)と清田(ロッテ)は初の代表入りとなった。

 那覇市内で記者会見した侍ジャパンの小久保裕紀監督は「1年後のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を見据えて選んだ。台湾とはWBCでも恐らく対戦するので、貴重な2試合」と話した。今後、キャンプでの仕上がりなどを見た上で、投手2人を追加招集する。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文588文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集