メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

音のデジタル化

人間の耳にあわせて情報を圧縮 劣化しにくくなる利点も

[PR]

CDが身近な例 音に関するデジタル化って?
魚屋「やっぱり最高だぜっ!」 ギョロ「随分と楽しそうギョロ。どうしたギョ?」 魚屋「大好きなバンドのライブに行ってきたんだっ。CDで聴くより何倍も良かったぜっ! やっぱりライブはいいなーっ!」 ギョロ「CDはデジタル化された音が記録されたものギョロ。生の音とは少し違うギョロロ」 魚屋「『音のデジタル化』っ? 何だ、それはっ! どういうことだっ?」 ギョロ「仕方ないやつギョ。教えてやるから、今度、チンもライブに連れて行けギョロ!」
人間は、情報伝達の際に言葉や文字などのメディア(媒体)を用います。メディアの発達によって、音による伝達方法はさまざまに変化してきました。 鐘に始まり、19世紀には蓄音機が、20世紀には携帯用テープレコーダーが登場。現代では携帯用音楽プレーヤーが普及していますね。
音は空気の振動が伝わる現象で、アナログ情報です。デジタル化する過程は次の通りです。 一定の時間間隔でアナログ信号の波の高さを収集します。これが「標本化」(サンプリング)です。次に、標本化によって得た値を数値に変換(量子化)し、その後、量子化した数値を2進法に変換(符号化)することで、音はデジタル化されるのです。 ギョロ「このようにして音をデジタル化して記録する方式を『PCM方式』というギョロ」
魚屋「よく聞く『MP3』というのはなんだっ?」
PCM方式でデジタル化されたものは、どうしてもデータが大きくなりがちです。そこで、人間が聞き取れる周波数帯16~2万ヘルツ以外を省くなどして圧縮しているのです。 ギョロ「よく用いられるMP3もこのような圧縮形式の一つギョロ」
デジタル化のメリットは何でしょう。 音をデジタル化することで、コピーを繰り返しても劣化しにくくなったり、さまざまな加工がしやすくなったりという利点が生まれます。 魚屋「しかし、音楽作品の不正コピーなど、著作権者の権利を侵害するような問題も発生しているよなっ」 ギョロ「その通りギョロ。でも、問題を解決するための技術の開発も進んでいるギョロ」
では、まとめです。 Q:CDが身近な例 音に関するデジタル化って? A:音は空気の振動が伝わるアナログ情報ギョ。デジタル化することで、MP3などの形式で圧縮できるギョロ。劣化しにくいといった利点があるギョロ。 ギョロ「チンもCDをリリースしたいギョロロ!」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです