メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

世界を変える?「完全自動運転」 米グーグル、開発加速 誰でも、どこへでも 車は「共有物」に…台数激減

自動車業界の講演会で、自動運転車の開発戦略を語るグーグルのジョン・クラフチック氏=米中西部ミシガン州デトロイトで2016年1月、清水憲司撮影

 米グーグルが自動運転車の開発を加速させている。目指すのは人が運転に関与しない完全な自動運転で、高齢者や障害者を含め、誰でも好きな場所に自由に移動できる社会の実現だ。車の共有が進むことで台数の減少も期待する。グーグルが描く「クルマの未来」は、世界の自動車産業を劇的に変える可能性を秘める。【米中西部ミシガン州デトロイトで清水憲司】

 「我々が焦点を当てるのは完全自動運転車にほかならない。移動の自由は、世界中の運転免許を取れない人々…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです