メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・田中康夫さん 離れて見えた「量から質」

東京・銀座。大勢の観光客、買い物客であふれている表通りとは逆に、路地裏はひっそりとして静かだ。誰も来ないことを知っているのか、道の真ん中で猫がのんびり過ごしていた=東京都中央区で、関口純撮影

 中央線武蔵境駅南側の武蔵野赤十字病院で僕が生を受けた1956(昭和31)年は、「もはや『戦後』ではない」と旧経済企画庁の「年次経済報告(経済白書)」が記し、国際連合への日本の加盟が認められた年です。

 小学1年生まで旧田無町(現西東京市)で暮らし、東京五輪開催の64年春、信州大学で教べんを執る父親と共に家族で長野県上田市に引っ越しました。都電やトロリーバスが廃止され始め、都心の川の上に首都高速道路が出現した時期です。

 その後、高校卒業まで同県松本市で過ごし、高度経済成長が一段落した75年に再び東京へ戻り、お茶の水の…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです