メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健幸ポイント事業

歩く・もらえる・若返る 人気、500人枠に600人応募 問い合わせが相次ぐ 白子町 /千葉

南白亀川沿いのウオーキングコースを歩く住民ら=白子町役場近くで

新年度400枠増

 「歩く・もらえる・若返る」をキャッチフレーズにした白子町の「健幸ポイント事業」が人気を集めている。頑張って歩いた分だけ特典をもらえる県内でも珍しい制度で、「健康づくりの励みになる」と先着500人の枠に600人が応募し、その後も問い合わせが相次いでいる。町は新年度、新たに400人の参加者を募集し、介護予防を進める考えだ。

 事業に参加できるのは40歳以上の町民。無料提供される歩数計(5000円相当)を着けて歩き、月1回、…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 日本は本当に安全な国か 犯罪は少ないのに治安の悪化を体感する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです