メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
あがらのまち自慢

新極真会和歌山支部 痛み知り優しくなれる /和歌山

練習に励む小学生ら=和歌山市土入の市民体育館で、矢倉健次撮影

 1970年代に少年誌に連載され、アニメや映画にもなった「空手バカ一代」の影響もあって日本に普及したフルコンタクト空手。創始者とされる大山倍達氏(国際空手道連盟総裁、極真会館館長)が1994年に死去した後、さまざまな流派が誕生したが、県内では「新極真会」が多くの道場、生徒を抱えている。生前の大山氏を直接知る支部長の黒岡八寿裕師範(56)に現状などを聞いた。【矢倉健次】

 <黒岡師範が24歳の時、和歌山支部長を任じられた>

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです