メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

/上(その1) 政策初日 さまよう個人マネー 預金解約の動き…運用に不安

 日銀のマイナス金利政策が16日、スタートした。銀行が日銀に預ける当座預金の一部に0・1%の手数料を課して「預け損」にし、銀行に眠るお金を消費や投資に向かわせる政策だ。お金を借りると「得」をし、お金を預けると「損」をする、これまでの常識を覆す世界の下、家計には早くも戸惑いが広がっている。

 「資産運用なんてしたくない。でも、もう銀行には預けておけない」。東京・銀座にある新生銀行の資産運用相談窓口。会社員女性(67)は戸惑いと怒りを込めて語った。老後の年金生活を支えるため、現金を銀行の定期預金と郵便貯金にこつこつ蓄えてきた。だが、預金金利が引き下げられるのを受け、生活設計の見直しを決めた。預貯金全額を引き出して「国内株で運用する投資信託を買う」というが、不安は尽きない。窓口には、この女性と同様、お金…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文882文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]