メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

/上(その1) 政策初日 さまよう個人マネー 預金解約の動き…運用に不安

 日銀のマイナス金利政策が16日、スタートした。銀行が日銀に預ける当座預金の一部に0・1%の手数料を課して「預け損」にし、銀行に眠るお金を消費や投資に向かわせる政策だ。お金を借りると「得」をし、お金を預けると「損」をする、これまでの常識を覆す世界の下、家計には早くも戸惑いが広がっている。

 「資産運用なんてしたくない。でも、もう銀行には預けておけない」。東京・銀座にある新生銀行の資産運用相談窓口。会社員女性(67)は戸惑いと怒りを込めて語った。老後の年金生活を支えるため、現金を銀行の定期預金と郵便貯金にこつこつ蓄えてきた。だが、預金金利が引き下げられるのを受け、生活設計の見直しを決めた。預貯金全額を引き出して「国内株で運用する投資信託を買う」というが、不安は尽きない。窓口には、この女性と同様、お金…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです