メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

東日本大震災から5年 がれき すみかにする生物

 東日本大震災から間もなく5年。東北地方太平洋側は巨大津波や地震で、陸だけでなく海の中も甚大な影響を受けた。沿岸から沖合にかけ、まだ無数のがれきが沈んでいるが、海底の調査ではがれきをすみかにする生き物も確認され、豊かな海が維持されていることが分かってきた。

 岩手県釜石市沖。谷底のような地形になった水深500メートル超の海底を照らすと、車のバンパーや漁具、港で使うプラスチックの箱などが無数に沈んでいた。2013年、海洋研究開発機構などが無人探査機「ハイパードルフィン」で現地調査をした時の光景だ。

 10回にわたる調査で、沖合の谷底には、平らな場所の1・7倍のがれきが集まっていることが分かった。同…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1019文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです