特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島原発事故

宮城県内の指定廃棄物 基準超え3分の1に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故の放射性物質を含む宮城県内の指定廃棄物について、放射性物質濃度を再測定した結果、基準を超えた廃棄物の量が従来の約3分の1に減ったことを明らかにした。井上信治副環境相が宮城県庁で村井嘉浩知事に伝えた。難航している同県内の処分場計画に影響が出ることも予想されるが、井上副環境相は「県内1カ所に集約するのが望ましい」と述べ、引き続き県内3市町を候補地に建設を目指す考えを示した。

 指定廃棄物は放射性物質に汚染された稲わらなどのうち1キロ当たり8000ベクレルを超えるもので、同県内では約3404トンが農家の敷地などで一時保管されている。環境省が昨年8月〜今年1月に実施した再測定で基準を超えたものは1090トンに減少した。事故から時間が経過して自然減衰するなどしたためとみられる。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文581文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集