赤羽楽器

BOOWYメンバーも来店の老舗、閉店へ 高崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エレキギターを手に、常連客と店の思い出を語り合う赤羽正幸さん(右)と妻洋子さん(中央)=群馬県高崎市で
エレキギターを手に、常連客と店の思い出を語り合う赤羽正幸さん(右)と妻洋子さん(中央)=群馬県高崎市で

 伝説のロックバンド「BOOWY」(解散)メンバーも来店した群馬県高崎市あら町の老舗楽器・レコード店「赤羽楽器」が2月末で店を閉じる。3代目社長の赤羽正幸さん(72)が後継者不在と体調不良を理由に決断した。これで高崎中心商店街から「レコード店」が姿を消す。【増田勝彦】

 赤羽さんによると、1912(大正元)年、国産機の製作が始まった蓄音機の修理とレコード販売の店として、祖父の若市さんが開業。戦前は旧陸軍の高崎歩兵第15連隊の兵士も休日にレコードを求めて来店したという。

 赤羽さんは67年に父四郎さんから店を引き継いだ。エレキギターブームで連日、多くの若者が来店。高崎市出身のBOOWYメンバー、布袋寅泰さん(54)や松井常松さん(55)もデビュー前に店を訪れた。才能あふれる絵画や詩を残し17歳で早世した山田かまち(1960〜77年)もギターを買ったという。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文738文字)

あわせて読みたい

ニュース特集