メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たま駅長

光栄だニャー レリーフ除幕式

たまの功績をたたえ作製されたレリーフ=和歌山市の県立図書館で2016年2月16日、倉沢仁志撮影

 和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の駅長として昨年6月に死ぬまで国内外から多くのファンを呼び込んだとして、県が創設した「和歌山殿堂」の第1号に選ばれた三毛猫「たま」のレリーフの除幕式が16日、和歌山市の県立図書館であった。図書館の一角に永久展示される。

 レリーフは縦45センチ、横35センチ、…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです