メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4カ国石油相

原油増産凍結で合意 イラン同意焦点

世界の原油生産量シェア(2014年)

 【ロンドン坂井隆之】世界で有力な産油国であるサウジアラビア、ロシア、カタール、ベネズエラの4カ国の石油相は16日、カタールの首都ドーハで会談し、他の産油国も同意することを条件に、原油の増産を凍結し、今年1月の水準に据え置くことで合意した。世界的な供給過剰に伴う原油価格の下落に歯止めをかけるのが狙い。原油の急落が始まった2014年後半以降、主要産油国が価格安定化策で合意するのは初めてとなる。

 石油輸出国機構(OPEC)の盟主で中東最大の産油国であるサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は会…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです