メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4カ国石油相

原油増産凍結で合意 イラン同意焦点

世界の原油生産量シェア(2014年)

 【ロンドン坂井隆之】世界で有力な産油国であるサウジアラビア、ロシア、カタール、ベネズエラの4カ国の石油相は16日、カタールの首都ドーハで会談し、他の産油国も同意することを条件に、原油の増産を凍結し、今年1月の水準に据え置くことで合意した。世界的な供給過剰に伴う原油価格の下落に歯止めをかけるのが狙い。原油の急落が始まった2014年後半以降、主要産油国が価格安定化策で合意するのは初めてとなる。

 石油輸出国機構(OPEC)の盟主で中東最大の産油国であるサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は会談後、ロイター通信などに対し、「原油市場にとって適切な措置だ。今後数カ月の動きを評価し、さらなる対応が必要かどうか判断する」と語った。ベネズエラのデルピノ石油・鉱業相は、17日にイラン、イラクの石油担当者と会談することを明らかにした。1月に欧米の経済制裁が解除されたばかりのイランは原油輸出を大幅に拡…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです