メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変形性膝関節症

幹細胞で抑制 定期的注射、ラットで効果

 変形性膝関節症のラットの関節内へ定期的に幹細胞を注射することで、症状の悪化を予防できたとの実験結果を、東京医科歯科大、慶応大などの研究チームが国際科学誌に発表した。チームは1年後を目指し、実際の患者を対象にした臨床研究を実施する計画という。

 膝が痛む変形性膝関節症の患者は、国内に約850万人いると推定されるが、根本的な治療法はない。

 チームは、変形性膝関節症を発症させるためラットの膝の靱帯(じんたい)を切断し、1週間後から毎週、関節を包む滑膜(かつまく)から培養した幹細胞を注射した。注射しないラットや最初に1回だけ注射したラットと比べ、関節の軟骨の形の変化や炎症が抑えられていた。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです