メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

若桜町地域おこし協力隊の女子アメフット選手、小倉典子さん /鳥取

若桜町地域おこし協力隊の女子アメフット選手、小倉典子さん=真下信幸撮影

選手と農業、両立に挑戦 小倉典子さん(33)

 ケニア人の夫フィリップ・キランガさん(34)と共に8日、若桜町の地域おこし協力隊員に就任した。現役のアメリカンフットボール選手として米国の女子プロリーグでプレー。協力隊員の活動をしながら選手生活も続ける方針だ。「県内で仕事をしていてもスポーツなどで海外に挑戦できるというモデルになりたい」と意気込む。

 中学生の時にテレビで見たアメフットに魅力を感じ、大学で男子選手に混じってプレーを始めた。卒業後は小…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです