メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’16春闘

労使「小幅ベア」綱引き 自動車3000円要求 景気懸念重く

富士重工業の吉永泰之社長(左)に春闘の要求書を提出する同社労働組合の山岸稔委員長

 春闘相場に大きな影響力を持つ大手自動車メーカーの労働組合は17日、2016年春闘の要求書を一斉に提出した。各労組は給与水準を底上げするベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として月3000円を要求。経営側からは3年連続のベア実施を前向きに検討する声も出ている。ただ、年明け以降、円高や株安が進み、景気の先行きに対する警戒感も強まっている。3月16日の集中回答日に向け、前年より小幅なベアで労使が綱引きすることになりそうだ。【永井大介、竹地広憲、高橋慶浩】

 「賃上げを通じてデフレから完全に脱却し、経済の好循環に向けて良い流れを作っていきたい」。要求書の提…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 焦点 人選に官邸の影 NHK新会長に前田氏

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです