メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変形性膝関節症

定期的な幹細胞注射で症状悪化を予防

 変形性膝関節症のラットの関節内へ定期的に幹細胞を注射することで、症状の悪化を予防できたとの実験結果を、東京医科歯科大、慶応大などの研究チームが国際科学誌に発表した。チームは1年後を目指し、実際の患者を対象にした臨床研究を実施する計画という。

 膝が痛む変形性膝関節症の患者は、国内に約850万人いると推定されるが、根本的な治療法はない。

 チームは、変形性膝関節症を発症させるためラットの膝の靱帯(じんたい)を切断し、1週間後から毎週、関…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです