メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インコ銭湯

京の老舗、60羽が中庭飛び回り 遠方の客も

ガラス張りの中庭をインコが飛び回る松葉湯=京都市上京区で、小松雄介撮影

 まきで沸かしたあったかい湯に肩までつかり、ほっと一息。ふと横を見ると、中庭でインコが飛び回っているではないか。そんな驚きの銭湯が京都市上京区の松葉湯だ。「インコ銭湯」として知られ、遠方からも客が訪れる。

 松葉湯は明治時代から100年以上の歴史がある老舗。約30年前、観葉植物を置いていた中庭に3代目の松井宗六(そうろく)さん(63)が飼って…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです