小中一貫校

20年度から5中学で 5校を廃校へ 名張市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2017年度末で廃校となり、小中一貫校「桔梗学園」の校舎に再利用される予定の県立名張桔梗丘高=三重県名張市桔梗が丘7で、鶴見泰寿撮影
2017年度末で廃校となり、小中一貫校「桔梗学園」の校舎に再利用される予定の県立名張桔梗丘高=三重県名張市桔梗が丘7で、鶴見泰寿撮影

 三重県名張市教委は17日、2020年度から市内5中学ごとに小中一貫校を導入し、小中学校を再編して薦原(こもはら)、箕曲(みのわ)、桔梗が丘、桔梗が丘南の4小と桔梗が丘中を廃校にすると発表した。この日の市議会全員協議会で、学校規模・配置の適正化後期計画案(2016〜20年度)の中で明らかにした。このうち、桔梗が丘地区の小中一貫校は「桔梗学園」(仮称)と命名し、県立名張桔梗丘高(17年度末で廃校)の校舎を使うと表明した。【鶴見泰寿】

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文952文字)

あわせて読みたい

ニュース特集