参院憲法審

合区に反対意見 参考人聴取で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 参院憲法審査会が17日、開かれた。「2院制の中で参院が重視すべき役割」をテーマに参考人聴取を実施。参加議員からは「都道府県単位の声の反映を望む声は多い」など合区に反発する意見が出された。

 浅野善治大東文化大大学院法務研究科教授(自民党推薦)は「政策審議ができるよう、同一選挙区から同一政党の複数当選者が出る…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集