参院憲法審査会が17日、開かれた。「2院制の中で参院が重視すべき役割」をテーマに参考人聴取を実施。参加議員からは「都道府県単位の声の反映を望む声は多い」など合区に反発する意見が出された。

 浅野善治大東文化大大学院法務研究科教授(自民党推薦)は「政策審議ができるよう、同一選挙区から同一政党の複数当選者が出るような選挙制度が望ましい」と指摘。荒井達夫千葉経済大特任教授(民主党推薦)は政府と行政を監視するための参院の機能強化を提唱した。

 また、浅野氏は政権が最初の改憲項目と定める「緊急事態条項」について「憲法で考える緊急事態がこの程度のものでいいのか議論してもいい」と議論の必要性に言及した。荒井氏は集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法に関し「行使を認めるには憲法の条文改正が必要だというのは国民の了解事項だ」と述べ、憲法解釈変更による容認を批判した。【高橋克哉】