メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「普通預金」と「当座預金」の違い

業務用か否か 利息の有無も大きなポイント

[PR]

八百屋「口座の種類っ?」
八百屋「電気料金の支払いを銀行口座からの引き落としにするぜっ!」 ケビン「今まで引き落としじゃナカッタノ?」 八百屋「お、おぅ」 ケビン「ソウナンデスネ……」 八百屋「で、申込書を見ていたら口座種別に『普通』『当座』とあるわけだっ」 ケビン「アルネ」
八百屋「あれ、何だっ?」 ケビン「『普通預金』と『当座預金『』のどちらかを選択してクダサイってコトダネ。ソウネ。今回はこれらを説明することにシマショウ」
今回のテーマは「普通預金」と「当座預金」の違いです。どちらも銀行口座の一種ですが、どんな違いがあるのでしょうか。 まずは「普通預金」。その名の通り、広く一般に使われています。多くの人が持っているのも、この「普通預金」口座ではないでしょうか。 支払い、引き落とし、預け入れなどのお金の出し入れが自由で、その記録は預金通帳で確認することができます。
また、(普通預金に)利息はつきますが、満期はありません。 一方の「当座預金」は、企業や個人事業主などの業務に使われる口座です。お金を引き出すには「手形」や「小切手」が必要で、「普通預金」のように自由ではありません。 「手形・小切手」とは、支払う側が金額などを記入し、支払いを約束した用紙のこと。受け取った側は、その用紙を銀行などの窓口で現金と交換します。 無利息ですが、銀行が破綻した場合でも預金は全額保護されまることが特徴です。 ケビン「『普通預』の場合はペイオフ制度によって、1000万円までしか保護の対象にナリマセンネ」
八百屋「企業からの支払いに必要っ?」
八百屋「別に『普通預金』だっていいと思うけどなっ!」 ケビン「ソウデスネ。今はインターネットバンキングなどで企業間の支払いも簡単になりましたカラ。『普通預金』で事足りるケースがほとんどデショウネ」
では、今回のまとめです。 「普通預金」とは、自由に預け入れ、支払いできる口座のこと。 「当座預金」とは、企業や個人事業主の業務用口座のこと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです