メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・農業

食べる・つながる 伝統の「鎌倉海老」復活 古都の新ブランドに /東京

鎌倉海老を食べて育った地ダコを見せ、「うまいっすよ」と笑顔で語る三留さん。タコ漁のカゴには太ったカサゴも入っていた=鎌倉市坂ノ下で

 <Work the Earth>

 神奈川県鎌倉市の鎌倉漁業協同組合(原実組合長)は、特産の「鎌倉海老(えび)」(イセエビ)や「地アワビ・サザエ」を古都の新ブランドに育てようと取り組んでいる。【因幡健悦】

 遠浅の岩場が続く鎌倉は古くからイセエビの産地として名高い。江戸時代の百科事典「和漢三才図会(え)」(1712年)でも、「鎌倉海老」が紹介されており、関東の主産地の一つだったことが分かる。

 標準名の普及で鎌倉海老の呼び名はすたれたが、2015年夏、市と鎌倉漁協が協力し、ふるさと納税の返礼…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです