メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のワザ

「空を飛んだ自転車」 桑原インターナショナル(大阪市東成区) 「E・T・」で脚光のBMX /大阪

「E・T・」で使われたモデルの復刻版。もちろん飛べないが、飛ぶように売れて、2回販売して完売。E・T・を乗せたようなかごが付いてるのが泣かせる=大阪市東成区大今里南2の「桑原インターナショナル」で

 小学校や商店が混在するごく普通の住宅街にある自転車製造販売会社「桑原インターナショナル」(大阪市東成区大今里南2)。ここの自転車は空を飛んだ。映画「E・T・」(1982年、米)の名場面で。

 1918年に自転車部品の卸問屋として創業。戦後は他社ブランドの製品をつくるOEM生産をし、72年には自社ブランドのBMX(バイシクルモトクロス)、80年にはMTB(マウンテンバイク)を製造した。どちらも当時、国内では知られておらず、ほとんど欧米などへの輸出だった。

 BMXは、タイヤのホイールの直径20インチが主流の小型自転車。レースは400メートル程度のジャンプ台や凹凸のあるコースで着順を競う。2008年の北京五輪から自転車競技に採用されている。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです