ローマ法王

「キリスト教徒ではない」…トランプ氏を批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ氏=米中西部アイオワ州デモインで2016年1月28日、西田進一郎撮影
トランプ氏=米中西部アイオワ州デモインで2016年1月28日、西田進一郎撮影

 【ローマ福島良典、コロンビア(米南部サウスカロライナ州)西田進一郎】キリスト教カトリック教会のトップであるフランシスコ・ローマ法王(79)は18日、移民政策で「壁を作ることだけを考えている人はキリスト教徒ではない」と述べ、米大統領選の共和党指名候補選びで不法移民の入国阻止と国外追放を主張する不動産王ドナルド・トランプ氏(69)を批判した。トランプ氏は猛反発している。

 法王はキューバ、メキシコ歴訪の帰路、特別機中で記者団の質問に答えた。メキシコとの国境沿いに2500キロの壁を建設し、1100万人の不法移民を国外追放したいと表明したトランプ氏について、「米国のカトリック信徒はこのような人物に投票できるか」と質問が出た。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文894文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集