フジテレビ

視聴率低迷、どうした?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都港区台場にあるフジテレビ本社=望月麻紀撮影
東京都港区台場にあるフジテレビ本社=望月麻紀撮影

 ドラマ「北の国から」やお笑いの「オレたちひょうきん族」など目新しい番組をヒットさせ、月曜9時のドラマ枠「月9」でトレンディードラマという分野を確立したフジテレビは、放送文化の一時代を築いた。しかし今、視聴率の長期低迷にあえいでいる。【北林靖彦】

かつての「冒険」「抜てき」できる?

 ビデオリサーチが1月に発表した2015年の年間高世帯視聴率番組30(関東地区)。フジでランクインしたのは浅田真央選手が出場した12月27日の「全日本フィギュアスケート選手権2015女子フリー」だけだった。この年の平均視聴率(1〜12月)も全日(午前6時〜翌日午前0時)とプライム(午後7〜11時)はいずれも3位。ゴールデン(同7〜10時)はTBSに抜かれ、4位に転落した。人気バラエティーやドラマに支えられ、04年から7年連続「3冠」に輝いた時代とは隔世の感がある。

 低迷ぶりは業績にも表れた。15年度第3四半期の決算は、営業利益が前年同期比で67.0%減の29億円。広告収入が落ち込む中、コストカットで黒字を確保している。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1527文字)

あわせて読みたい

注目の特集