内閣法制局

想定問答文書作成しながら「国会に非開示」か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

集団的自衛権行使容認に伴う憲法9条の解釈変更を巡り

 集団的自衛権行使容認に伴う憲法9条の解釈変更を巡り、内閣法制局が想定問答の文書を作成していながら国会に開示しなかった疑いが浮上し、18日の参院決算委員会で横畠裕介長官は「調査中」と答弁した。

 17日にこの問題を報じた朝日新聞によると、法制局は2014年6月、国会審議に備えた想定問答を作成。ナンバー2の内閣法制次長が了解したことを示…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集