メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

英残留へ改革合意 移民の福祉制限 英、6月にも国民投票

 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)は19日の首脳会議でEUからの離脱を問う英国民投票を巡るEU改革案に合意した。EU加盟国からの移民への福祉サービス制限など英国の要求を大幅に受け入れた首脳宣言を採択した。これで、6月にも予定される国民投票でキャメロン英首相がEU残留への賛成票をどこまで得られるかに焦点が移る。

 キャメロン首相は記者会見で「英国に特別な地位が与えられた」と強調。改革案は国民投票で残留を呼びかけるのに「十分だ」と述べ、他の閣僚にも残留賛成に回るよう促す意向を示した。首相は20日に緊急閣議を開いて国民投票の日程を明らかにする。22日に議会にも報告する。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです