メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
次代へのバトン

レジェンドインタビュー 卓球 木村興治さん

木村興治・日本卓球協会副会長=猪飼健史撮影

打ち合って国籍超えた 木村興治さん(75)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、スポーツ外交の重要性が叫ばれている。振り返れば卓球は、1971年の世界選手権を舞台に米国と中国や、日本と中国の国交正常化の端緒となった「ピンポン外交」など大きな役割を果たしてきた。国際卓球連盟の役員を長年務めた木村興治さん(75)に、スポーツを通じた国際交流のあり方を聞いた。【田原和宏】

 −−20歳で出場した1961年世界選手権(北京)はその後の人生に大きな影響を与えた。

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2066文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです